景気・経済動向記事

2023年節分シーズン「恵方巻」価格調査

恵方巻にも「値上げの波」 平均価格約900円、1割値上げに
〜 のりや卵の価格高騰影響 海鮮恵方巻は値上げ顕著 〜

はじめに

クリスマスケーキ、おせちに続き、恵方巻にも「値上げの波」が押し寄せ、1本当たり平均価格が前年から70〜160円前後アップするなど値上げ傾向が鮮明となった。ただ、現時点では集客の目玉として、低価格の恵方巻では価格を据え置くなど戦略的な動きがみられるほか、値上げする場合も具材をランクアップするなど、値上げ感を和らげるといった工夫がみられた。足元では2023年正月シーズンのおせちに続き、自宅での贅沢「イエナカ需要」として高額商品については売れ行きが堅調といった動きもあり、値上げによる購買への影響はおせち同様、限定的となりそうだ。
一方で、調査対象となった企業の多くが店頭やWEBによる恵方巻の「予約制」を導入していた。数量限定の予約による受注生産では大幅な売り上げ増加が見込めない反面、需要に見合った販売により「廃棄コストの低減につながる」メリットもある。食品の価格高騰が続くなか、食材コストの抑制策として今後の季節商材に予約販売制が定着していくか注目される。

調査結果

  1. 1 食品ロス削減対策で広がる恵方巻の「予約制」、コスト削減メリットで定着するか注目
  2. 2 のり、たまご、サーモンも…恵方巻きに「値上げの波」 低価格品と高級志向品で傾向に違いも
  3. 詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9343  E-mail: tdb_jyoho@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向