景気・経済動向記事

働き方改革の取り組みに関する企業の意識調査

オンライン会議増えていませんか? 49.4%の企業でオンライン会議を導入

はじめに

2021年9月、新型コロナウイルスの感染者数は大きく減少した。また、企業として新しい働き方への対応が徐々にみられているほか、政府によって行動制約の緩和に向けた新しい動きも進められている。そこで、帝国データバンクは、働き方改革の取り組みに関する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2021年9月調査とともに行った。

■調査期間は2021年9月15日〜30日、調査対象は全国2万4,516社で、有効回答企業数は1万2,222社(回答率49.9%)
■本調査におけるデータは景気動向オンライン(https://www.tdb-di.com)で公開し、さらに詳細な分析結果は、TDB REPORT 172号(2021年10月28日発刊予定)に掲載

調査結果

  1. 1 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、働き方改革の取り組みに変化がみられたか尋ねたところ、「新型コロナ拡大をきっかけに取り組みを開始した」働き方として、「オンライン会議の導入」が49.4%と半数近くにのぼった。次いで、「オンライン商談の導入」(34.2%)、「在宅勤務の導入」(32.9%)が3割台で続いた。企業からは「WEB会議による無駄な時間および経費の削減に有効であった。今後もWEB会議は一部継続する」(一般機械修理、埼玉県)といった声もあがっており、オンラインでの取り組みを推進したことで副次的な効果も表れている
  2. 2 また、「今は取り組んでいないが、今後取り組む予定」では、「ペーパーレス化の推進」(25.4%)や「インターネットによる受注・販売の強化」(20.4%)、「RPAなど業務効率化ツールの導入」(20.3%)が上位に並んだ 新型コロナを契機に働き方改革が進むなか、5社に1社以上は、ペーパーレス化やEC販売の強化、RPAの導入といった取り組みを予定していた。今後それらに関連したビジネス機会の創出が期待される。

    新型コロナを契機に働き方改革が進むなか、5社に1社以上は、ペーパーレス化やEC販売の強化、RPAの導入といった取り組みを予定していた。今後それらに関連したビジネス機会の創出が期待される。
  3. 詳細はPDFをご確認ください


お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報統括部
TEL:03-5919-9344 E-mail: keiki@mail.tdb.co.jp

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向