業界情報記事

上場企業(外食産業)の月次売上高動向調査(2020年7月分)

9割以上で減少幅縮小、回復基調で推移
〜 居酒屋業態の苦戦続く 〜

はじめに

収束の見通しが立たない新型コロナウイルスの感染拡大。各企業は特別融資や各種助成金などを活用して対応している状況だが、依然として先行きの不透明感はぬぐえない。8月、東京都や大阪府では、酒類を提供する飲食店などに営業時間の短縮要請、沖縄県や愛知県では独自の緊急事態宣言が発出されるなど、特に居酒屋を運営する事業者は対応が求められた。

帝国データバンクでは、外食事業を展開している上場企業(または上場グループ中核企業)において、8月28日時点でHPなどにて7月の月次データを開示している61社について、全店実績を集計し、分析した。

■直営店とFC店の合計をリリースしている企業は、直営店とFC店の合計値で集計。直営店のみをリリースしている企業は直営店のみの数値を集計した

■月次売上高の集計方法等は、リリース企業の手法・方針に準ずる

調査結果

  1. 1 集計対象61社のうち、2020年7月の全店実績が前年同月を下回ったのは52社(構成比85.2%)、上回ったのは9社(同14.8%)
  2. 2 前年同月を下回った52社のうち約6割は30%未満の減少幅にとどまっている。前年同月比で70%以上減少している企業は無く、減少幅は縮小傾向で推移している
  3. 3 6月、7月ともに前年同月を下回った企業51社を比較すると、47社(構成比92.2%)で減少幅が縮小し、4社(同7.8%)で拡大となった。前月に続いて回復傾向での推移となった
  4. 4 新型コロナウイルスの新規感染者数が高水準で推移し、収束のメドが立たないなか、企業としても先行きの不透明感がぬぐえない状況だ。東京都内では、8月末で営業時間の短縮要請は解除される予定であったが23区内に限り延長となるなど、新型コロナウイルス感染対策の動向などに左右される状況が続く
  5. 詳細はPDFをご確認ください

    お問い合わせ先

    株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
    TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

    サービス業界の基本情報・動向

    業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

    こんなご要望ありませんか?

    • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

      御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

    • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

      御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
      ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

    お問合せ・資料請求はこちらから

    業界調査関連 関連サービス

    景気・業界の動向