景気・経済動向記事

上場企業の役員報酬減額調査

上場企業の役員報酬、コロナの影響で162社が減額を公表

はじめに

新型コロナウイルス(以下:新型コロナ)は企業業績に大きなダメージを与えている。上場企業のうち、新型コロナの影響を受け業績予想の下方修正を発表した企業は6月30日時点で843社判明。また、新型コロナ関連倒産も頻発しており、今後も増加することが予想される。こうしたなか業績悪化を受け、今後の経費削減を目的とした役員報酬の減額を決定する企業も目立ち始めた。

帝国データバンクでは2020年2月1日から6月30日までの適時開示情報から、役員報酬の減額を公表した上場企業を集計した。同様の調査は今回が初めて。


調査結果

  1. 1 役員報酬の減額を公表した上場企業は、2月1日から6月30日までに累計187社判明。そのうち新型コロナの影響による業績悪化を理由としたことが確認できたのは162社となった
  2. 2 減額期間別にみると、「3カ月間」(54社、構成比33.3%)が最多。次いで「6カ月間」(30社、同18.5%)、「12カ月間」(25社、同15.4%)、「2カ月間」(16社、同9.9%)となった
  3. 3 代表取締役の月額報酬の減額割合は、「10%〜30%未満」(79社、構成比44.6%)が最も多く、「30%〜50%未満」(62社、同35.0%)、「50%〜70%未満」(27社、同15.3%)「90%以上」(4社、同2.3%)と続いた
  4. 4 業種別にみると、「製造業」(51社、構成比27.3%)が最多となった。次いで「小売業」(38社、同20.3%)、「その他(持株会社含む)」(35社、同18.7%)、「サービス業」(31社、同16.6%)となった
  5. 詳細はPDFをご確認ください


お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9342 FAX : 03-5919-9348

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向