業界情報記事

家具小売業者の経営実態調査

売上高規模、大手と中小で格差鮮明
〜 売上高10億円以上の25%が赤字 〜

はじめに

東証1部上場の家具小売最大手、ニトリホールディングスが31期連続で増収増益を達成する一方で、ジャスダックに上場する家具小売の大塚家具は業績不振が続いている。国土交通省が発表する建築着工統計によると、家具市場への影響が大きい新設住宅着工戸数は、2017年度が前年度比2.8%減の94万6396戸と、3年ぶりにマイナスに転じたほか、2018年暦年で見ても前年比2.3%減と2年連続で減少した。

こうした状況下、帝国データバンクは、家具小売を主業とする業者で、2017年度までの3期の売上高が比較可能な2210社の業績動向について集計・分析した。


調査結果

  1. 1 家具小売業者の2017年度の売上高合計は、1兆2297億500万円で、前年度比3.9%増加。全体では売り上げの伸びが続いている
  2. 2 売上高規模別に見ると、「1億円未満」が1363社(構成比61.67%)で過半数を占め、10億円未満では構成比95%を超えた。10億円以上の企業のうち、48.9%の45社が増収となったものの、25.0%の23社が赤字だった
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

サービス業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向