業界情報記事

三陽商会グループの下請・仕入先実態調査

グループの下請・仕入先は全国に405社
〜 年商10億円未満の中小が7割 〜

はじめに

2015年に英・バーバリーとのライセンス契約が打ち切りとなって以降、業績不振が続く三陽商会。2月14日に発表した2016年12月期連結決算は、売上高が前期比30.6%減の676億1100万円、当期純損失は113億6600万円にのぼった。売上規模が縮小するなかで、同社から受注している下請・仕入先業者の業績への影響等に注目が集まっている。

帝国データバンクでは、自社データベースである企業概要ファイル「COSMOS2」(146万社収録)の中から、三陽商会および同社の国内主要関係会社※の国内の下請企業、仕入先企業について分析した。

三陽商会グループの取引先実態調査は、今回が初めて。


■原則として三陽商会の2015年12月期の有価証券報告書に表記されている国内の連結子会社2社、持分方適用子会社3社を対象に調査した

■連結子会社だったサンヨーゼネラルサービスは、三陽商会を存続会社とした吸収合併を行い、2016年7月1日付けで解散している

調査結果

  1. 1 三陽商会および同社の国内グループ企業(計5社)と取引のある企業は全国で405社判明。業種別にみると「卸売業」が207社(構成比51.1%)で半分以上を占め、なかでも「婦人・子供服卸」(52社、構成比12.8%)が最多となった
  2. 2 405社の最新期売上高の動向をみると、「増収」「減収」ともに全体の4割程度となったが、三陽商会グループの本業である繊維・アパレル関連の企業が多い「製造業」「卸売業」「小売業」の合計295社では、「増収」が構成比37.3%、「減収」が同44.1%で、「減収」の割合が高くなっている
  3. 3 年売上高別では、「1億〜10億円未満」が232社で最多となり、10億円未満の構成比は7割近くにのぼる
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

繊維業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向