倒産集計

2015年 9月報

倒産件数は609件、2015年最少を記録
負債総額は2021億6900万円、2カ月ぶりの前年同月比増加

倒産件数 609件
前年同月比 ▲22.4%
前年同月 785件
前月比 ▲2.6%
前月 625件
負債総額 2021億6900万円
前年同月比 +58.1%
前年同月 1278億7900万円
前月比 +109.5%
前月 964億8500万円

主要ポイント

調査結果

■件数・負債総額

ポイント件数は今年最少、負債総額は2カ月ぶりの前年同月比増加

倒産件数は609件で、前年同月比22.4%の大幅減少となった。6カ月連続で前年同月を下回り、2005年4月(605件)以来の低水準で、2015年最少を記録した。負債総額は2021億6900万円で、前年同月比58.1%の増加となり、2カ月ぶりに前年同月を上回った。

要因・背景

件数…建設業(103件)が2000年以降最少を記録したほか、製造業、卸売業などで大幅減
負債総額…東証1部上場の第一中央汽船(株)(東京都、負債1196億800万円)が民事再生法の適用を申請し、負債1000億円以上の大型倒産がエヌ・エス・アール(株)(東京都、2014年1月)以来1年8カ月ぶりに発生

■業種別

ポイント7業種中6業種で前年同月比減少

業種別に見ると、建設業(103件、前年同月比32.7%減)、製造業(85件、同28.0%減)など7業種中6業種で前年同月を下回った。なかでも建設業は2015年1月(117件)を下回り、2000年以降最少となるなど、5業種で前年同月比の減少率が2ケタとなり、大幅に減少した。一方、運輸・通信業(32件、同10.3%増)は唯一前年同月を上回った。

要因・背景

■主因別

ポイント「不況型倒産」の構成比85.4%

主因別の内訳を見ると、「不況型倒産」の合計は520件(前年同月比21.3%減)となった。構成比は85.4%(前月86.4%、前年同月84.2%)と、前月を1.0ポイント下回ったものの、前年同月を1.2ポイント上回った。
※倒産主因のうち、販売不振、輸出不振、売掛金回収難、不良債権の累積、 業界不振を「不況型倒産」として集計

要因・背景

■規模別

ポイント負債5000万円未満の構成比59.1%

負債額別に見ると、負債5000万円未満の倒産は360件(前年同月比20.5%減)で、構成比は59.1%と、前年同月を1.4ポイント上回った。一方、負債100億円以上の倒産は2件、うち同1000億円以上が1件発生した。資本金別では、個人経営と資本金1000万円未満の合計が364件となり、構成比は59.8%を占めた。

要因・背景

■地域別

ポイント9地域中8地域で前年同月比減少

地域別に見ると、関東(225件、前年同月比16.4%減)、近畿(147件、同31.3%減)など9地域中8地域で前年同月を下回り、なかでも東北(18件)は前年同月比45.5%の大幅減少となった。一方、北海道(20件、同5.3%増)は唯一前年同月を上回った。

要因・背景

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報