倒産集計

2015年 8月報

倒産件数は625件、5カ月連続の前年同月比減少
負債総額は964億8500万円、2000年以降最小を記録

倒産件数 625件
前年同月比 ▲8.5%
前年同月 683件
前月比 ▲18.3%
前月 765件
負債総額 964億8500万円
前年同月比 ▲29.9%
前年同月 1376億7400万円
前月比 ▲22.3%
前月 1241億5700万円

主要ポイント

調査結果

■件数・負債総額

ポイント件数は5カ月連続の前年同月比減少、負債総額は2000年以降最小を記録

倒産件数は625件で、前年同月比8.5%減少し、5カ月連続で前年同月を下回った。一方で、同減少率は4カ月連続で1ケタ台にとどまっている。負債総額は964億8500万円となり、前年同月比29.9%の減少で、2000年以降初めて1000億円を割り込み、最小記録となった。

要因・背景

件数…2000年以降、8月としては2000年の578件に次ぐ2番目の低水準となったほか、リーマン・ショックの発生した2008年9月以降では最少となった
負債総額…負債10億円以上の倒産は15件(前年同月20件)で、大型倒産が抑制されている

■業種別

ポイント7業種中5業種で前年同月比減少

業種別に見ると、7業種中5業種が前年同月を下回った。とりわけ不動産業(15件、前年同月比42.3%減)と運輸・通信業(21件、同41.7%減)は前年同月比で40%以上減少したほか、運輸・通信業と卸売業(87件、同17.1%減)はリーマン・ショック後では最少記録となった。一方、製造業(93件、同24.0%増)と小売業(130件、同4.8%増)は前年同月を上回った。

要因・背景

■主因別

ポイント「不況型倒産」の構成比86.4%

主因別の内訳を見ると、「不況型倒産」の合計は540件(前年同月比3.1%減)となった。構成比は86.4%(前月84.4%、前年同月81.6%)と、前月を2.0ポイント、前年同月を4.8ポイントそれぞれ上回った。
※倒産主因のうち、販売不振、輸出不振、売掛金回収難、不良債権の累積、 業界不振を「不況型倒産」として集計

要因・背景

■規模別

ポイント負債5000万円未満の構成比56.0%

負債額別に見ると、負債5000万円未満の倒産は350件(前年同月比4.6%減)で、構成比は56.0%と、前年同月を2.3ポイント上回った。一方、負債10億円以上の倒産は15件(同25.0%減)となり、8月としては2000年以降最少となった。資本金別では、個人経営と資本金1000万円未満の合計が350件となり、構成比は56.0%を占めた。

要因・背景

■地域別

ポイント9地域中7地域で前年同月比減少

地域別に見ると、9地域中7地域で前年同月を下回った。なかでも、北陸(12件、前年同月24件)は前年同月比50.0%の大幅減少となった。一方、近畿(174件、同151件)は同15.2%の増加、四国(7件、同7件)では前年同月比で横ばいとなった。

要因・背景

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報