倒産速報記事

株式会社AWH(旧:株式会社淡島ホテル)

元・ホテル経営
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:410137341

負債400億円

「静岡」 (株)AWH(旧:(株)淡島ホテル、資本金1000万円、登記面=沼津市内浦重寺203-19、代表古矢誠一郎氏)は、12月20日に静岡地裁沼津支部より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は近藤浩志弁護士(沼津市御幸町17-10、あさひ総合法律事務所、電話055-933-8366)。

 当社は、ゴルフ場経営を主業とする日本中央開発(株)から淡島海洋公園の施設及び土地賃借権を買収して1983年(昭和58年)9月に設立され、沼津市の駿河湾、沼津市内浦地区に浮かぶ小島「淡島」で「淡島ホテル」を経営していた。ホテルはオールスイートルームで全室から富士山が臨めることができ、世界の要人も迎え入れるなどした華々しい時期もあり、富裕層等の顧客を確保していた。

 しかし、富裕層等の利用者減少に伴う宿泊者数の伸び悩みから減収を余儀なくされ、収益も低迷していたとみられる。また、2016年3月期以降は、沼津市内浦を舞台としたアニメに当社及び関係会社の(株)淡島マリンパークが取り上げられ、連携して同アニメに合わせたイベント開催や施設作りなどを図り、全国各地からの一般顧客の確保にもつなげてきた。ただし、依然として収入高は伸び悩みを示し、収益性も低調に推移していたとみられ、資金繰りが悪化し、取引先への支払遅延などが発生していた。こうした中、2018年4月に経営権を別会社に譲渡するなどして立て直しを図っていたが、今回の措置となった。

 負債は約400億円、債権者数は約2000名が見込まれる。

 なお、「淡島ホテル」は別会社によって事業を継続している。

(商号・住所・代表については、12月23日午後に商業登記簿確認後、更新)

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報