倒産速報記事

マスタードシード株式会社

DRAM、メモリー、HDD等販売
事業停止、債務整理を弁護士に一任
TDB企業コード:986594589

負債18億5500万円

「東京」 マスタードシード(株)(資本金9000万円、品川区南大井3-13-4、登記面=東京都大田区大森西5-23-4、代表宮田鴻志氏)は、3月4日までに事業を停止し、債務整理について伊達雄介弁護士(千代田区神田神保町2-3-1、新千代田総合法律事務所、電話03-3239-5360)に一任した。

 当社は、1992年(平成4年)3月設立のパソコン関連部品卸業者。商材は主に台湾やシンガポールなど海外から輸入。DRAM、メモリー類の卸売を主体に、各種パソコン関連の部品及びヘッドフォンやマウスパッド等の周辺機器を取扱い、家電量販店を中心に販売していた。マザーボードメーカーの正規代理店として業界内での知名度は高く、主力商材の売れ行きが好調であった2016年12月期には年売上高約51億4900万円を計上していた。

 しかし、取引先との関係変化などから実際の財務内容は大幅に悪化。昨年頃から金融機関に対する返済遅延が生じ、支援を要請して再建を模索してきたが不調に終わり、ここにきて事業継続を断念した。

 負債は2017年12月期末時点で約18億5500万円だが、変動している可能性がある。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報