倒産速報記事

西日本観光株式会社

青山台ゴルフ倶楽部、篠山ゴルフ倶楽部運営
西日本豪雨と酷暑で来場者減少
民事再生法の適用を申請
TDB企業コード:530178433

負債52億7900万円

「兵庫」 西日本観光(株)(資本金4300万円、篠山市和田東勝山32−1、代表井上高文氏、従業員30名)は、8月30日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日監督命令を受けた。

 申請代理人は浦田和栄弁護士(大阪府大阪市中央区北浜2-5-23、弁護士法人関西法律特許事務所、電話06-6231-3210)ほか6名。監督委員には野村剛司弁護士(大阪府大阪市北区西天満4-3-4、なのはな法律事務所、電話06-6311-7087)が選任されている。なお、民事再生手続きに関する問い合わせ窓口は、電話079−556−8036。

 当社は、1971年(昭和46年)9月の設立。篠山市内で2カ所のゴルフ場(「青山台ゴルフ倶楽部」、「篠山ゴルフ倶楽部」)の運営を行っていた。「青山台ゴルフ倶楽部」(18ホール)は、1974年4月開場で正会員約1800名を有し、1984年には関西プロゴルフ選手権(日本ゴルフツアー)を開催。「篠山ゴルフ倶楽部」(18ホール)は1980年5月開場で正会員約1500名を有し、地元近郊のゴルフ愛好者を中心として相応の知名度も維持し、2002年3月期には年収入高約12億2800万円を計上していた。

 しかし、以降は国内ゴルフ人口の減少を背景として業容の縮小傾向が続き、2018年3月期の年収入高は約5億1500万円にまでダウン。このため、DM送付によるリピート客の掘り起こしや、施設内レストランで地元名産品の黒豆や三田ポークを用いたメニュー提供などで集客維持に努めていたものの、近隣同業者との競合激化によるプレー料金の低価格化の影響を受けて採算面も低調に推移していた。

 こうしたなか、昨年の台風による大雨被害に加えて、今年に入ってからは大阪北部地震や西日本豪雨に、連日の酷暑も続いたことから来場者が大きく減少し資金繰りが悪化。このため、7月26日付で預託金返還方法に関する会則変更のための会員集会を開催したものの出席者数不足により不成立に終わったことで9月以降の資金繰りの目途が立たなくなり、民事再生手続きによる再建を目指すこととなった。

 負債は2018年3月期末時点で約52億7900万円。

 なお、8月30日以降も従前と同様に営業は継続している。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報