倒産速報記事

株式会社花園万頭

天保5年創業の老舗和菓子メーカー
【続報】
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:980884321

負債24億4124万円

「東京」 (株)花園万頭(資本金4000万円、新宿区新宿5-16-15、代表石川一弥氏)は、7月2日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 申請代理人は河本茂行弁護士(京都府京都市中京区烏丸通三条下ル、烏丸法律事務所、電話075-223-2714)ほか1名。破産管財人は野田聖子弁護士(中央区日本橋3-3-4、永沢総合法律事務所、電話03-3273-1800)。

 当社は、1834年(天保5年)創業、1953年(昭和28年)1月に法人改組された老舗の和菓子メーカー。天保5年に金沢で「石川屋本舗」の屋号で創業、その後、新宿花園神社前に店を移したのを機に店舗名を「花園万頭本舗」に変更していた。高い知名度を誇る看板商品の「ぬれ甘なつと」のほか、「花園万頭」「花園羊羹」「玉うさぎ」「みその菊最中」などの商品を扱っていた。ピークとなる89年6月期の年売上高は約36億円を計上、現在も、東京や神奈川を中心に46店舗展開していた。

 しかし、バブル期に負った過大な有利子負債を抱えたうえ、その後も東日本大震災による急激な販売不振、主力店舗の撤退を余儀なくされていた。この間、新規出店で一定の売上高維持を図るとともに、さまざまなコストダウンを行い収益改善に努めていたが、ここ数年は取引先への支払いに支障を来すなど信用不安が表面化。動向が注目されるなか、2018年5月31日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日保全管理命令を受けていた。

 負債は2018年5月末時点で債権者約378名に対し約24億4124万円。

 その後、事業価値を可能な限り維持したまま事業譲渡することを目指し、6月28日に(株)銀座千疋屋の関係会社である(株)パティスリー銀座千疋屋と事業譲渡契約を締結。新たに設立された(株)花園万頭(中央区築地3-13-8、代表花里正之氏)が、6月29日付で当社事業を引き継いでいる。

(写真=花園万頭が入居しているビル)

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報