倒産速報記事

公益社団法人徳島市観光協会

観光事業
徳島市最大のイベント「阿波踊り」のPRなどの観光事業を振興
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:729001355

負債4億円

「徳島」 3月1日に徳島市より破産を申し立てられていた公益社団法人徳島市観光協会(徳島市新町橋2-20、代表理事近藤宏章氏、従業員17名)が、3月29日に徳島地裁より破産手続き開始決定を受けたことがわかった。
 
 破産管財人には、中西一宏弁護士(徳島市徳島本町2-18、中西一宏法律事務所、電話088-622-3662)が選任されている。

 当法人は、1971年(昭和46年)10月に徳島市の観光事業の振興を目的に設立された社団法人徳島市観光協会が前身で、2007年に財団法人徳島市観光開発公社を経て、現在の公益社団法人に移行した。徳島市最大の観光イベントである「阿波踊り」のPR活動、阿波踊り会館や眉山ロープウェイの管理・運営のほか、観光案内や徳島県産の食品、土産物などの販売も手がけ、2013年3月期には年売上高約5億7500万円を計上していた。

 しかし、財務面は安定性を欠き赤字計上が続き、金融機関からの借入金が重荷となって厳しい資金繰りを余儀なくされていた。この間、徳島市をはじめ関係者との協議を進めてきたが、赤字解消には至らず、金融機関から当法人の借入金の肩代わりを求められた徳島市が債権者として当法人の破産を申し立てていた。

 負債は約4億円が見込まれるが、変動する可能性がある。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報