倒産速報記事

はれのひ株式会社

衣装レンタル・販売
成人の日に突然、営業を中止し問題
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:548003231

負債6億3500万円

「神奈川」 はれのひ(株)(資本金150万円、横浜市中区桜木町1-101-1クロスゲート7階701、登記面=福岡県福岡市博多区博多駅前2-12-26、代表篠ア洋一郎氏)は、1月26日に横浜地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は増田尚弁護士(川崎市幸区堀川町580ソリッドスクエア西館3階、多摩川法律事務所、電話044-540-1521)。

 当社は、2008年(平成20年)10月に現代表が呉服業界や写真館業界向けの経営コンサルティング業を目的として個人創業したものを、2011年(平成23年)3月に法人改組した衣装のレンタルと販売を手がける企業。地元神奈川のほか、東京、千葉、茨城、福岡と、設立後の短期間に積極的に店舗を展開。主に一般個人向けに成人式用の写真撮影やアルバム販売等に付随する形で、衣装のレンタルや販売を行い、2016年9月期には年売上高約4億円を計上していた。

 レンタル・販売数量の急伸により、衣装問屋から良品を確保できる関係が構築されたことで、顧客への販売が好調となる好循環が形成されつつあったが、店舗出店に伴う従業員給与や家賃の増加など、固定費の大幅増加により、2期連続での営業損益段階からの赤字計上を余儀なくされていた。

 厳しい資金繰りが続くなか、2017年に入り一部の取引先に対し支払遅延が発生。一部店舗の閉鎖で生き残りを図ったものの、当社に対する取引先や金融機関の信用は失墜。1月8日の成人式当日、一部店舗で連絡難の状態となり、成人式用の振り袖の着付けができないトラブルが相次いでいた。

 負債は債権者約1600名に対し約6億3500万円。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報