倒産速報記事

株式会社RRHK(旧:リーガロイヤルホテル小倉)

「リーガロイヤルホテル小倉」の元・運営会社
特別清算開始決定受ける
TDB企業コード:810283832

負債69億円

「福岡」 (株)RRHK(旧商号:(株)リーガロイヤルホテル小倉、資本金1億円、北九州市小倉北区浅野2-14-2、代表清算人五弓博文氏)は、12月11日に福岡地裁小倉支部より特別清算開始決定を受けた。

 当社は1992年(平成4年)6月に(株)リーガロイヤルホテル小倉の商号で設立、93年4月にJR小倉駅北口に立地する地上30階建てのシティホテル「リーガロイヤルホテル小倉」の運営を開始した。同ホテルは、全295室(収容人員590名)の客室のほか、会議室や宴会場、和・洋・中の各種レストラン、婚礼施設、フィットネスクラブなどを備えていた。駅直結の好立地を背景としてビジネス・観光需要を取り込むなど、北九州市内でも有数のハイクラスホテルとして知られ、2002年3月期は年収入高約55億2100万円を計上した。

 しかし、周辺に立地した後発のビジネスホテルとの競合を余儀なくされていたうえ、景気悪化の影響で企業・団体の宴会需要が低迷。婚礼についてもハウスウエディングなど他施設との競争が激化するなどで減収傾向の推移が続いていた。この間、各種宿泊キャンペーンを展開するほか、最上階のフレンチダイニング&スカイラウンジ「リーガトップ」を改装するなどで宴会・婚礼需要のテコ入れを図っていたが、宿泊・婚礼などにおいて単価の下落もあって連続欠損を余儀なくされ、有形固定資産の減損損失処理を行った2011年3月期には大幅な債務超過に転落していた。2014年3月期に約41億3300万円にまで落ち込んだ年収入高は、その後の景気回復により好転の兆しを見せたものの、親会社が2017年7月に財務健全化を図るべく当社に対する貸付金を債権放棄する方針を固めたことから、親会社からの借入金等を除く全事業を9月1日付で設立した(株)リーガロイヤルホテル小倉(同住所)に分割譲渡。当社は同日付けで現商号へ変更し、9月30日に株主総会の決議により解散していた。

 負債は約69億円。

 なお、清算したのは旧事業会社で、「リーガロイヤルホテル小倉」は新運営会社の下、現在も営業を継続している。

 また、九州・沖縄地区では2月に特別清算開始決定を受けた南国興産(株)(鹿児島県、負債79億100万円)に次ぐ、今年2番目の負債規模。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報