大型倒産速報

倒産・動向記事

2016/02/16(火) 建設業支援
日本振興銀行関連倒産
CDSコンストラクショングループ株式会社
特別清算開始決定受ける
負債53億2000万円

TDB企業コード:960041538
「東京」 CDSコンストラクショングループ(株)(資本金500万円、登記面=中央区京橋1-1453-5、代表清算人鹿納達也氏)は、2月4日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

 当社は、2008年(平成20年)11月に日本振興銀行(2010年9月民事再生法の適用申請)が主導する中小企業振興ネットワーク所属企業への建設業支援の専門業者として、中小企業建設機構(株)の商号で設立された。同ネットワークのひとつとして、当社を中心とした100社内外の中小企業建設ネットワークを組成。ネットワークに属している企業(全業種)から内装工事などを受注し、中小企業建設ネットワークに属する企業に外注するビジネスモデルを展開していた。

 主に500万円以下の小規模工事を年間数百件取り扱っていたが、2010年9月に日本振興銀行が破綻したことにより、中小企業振興ネットワークと中小企業建設ネットワークも連鎖する形で機能を失い、同年10月に現商号に変更、2015年10月開催の株主総会決議により解散していた。

 負債は2012年10月期末時点で約53億2000万円だが、変動している可能性がある。

一覧


ページ先頭へ