景気・経済動向記事

特別企画 : 2016年 神奈川県内企業の社長分析

高齢化止まらず過去最高齢の59.9歳
〜 90年以降で6.4歳進む 〜

はじめに

内閣府が発表した『2015年版高齢社会白書』によると、65歳以上の高齢者の数は過去最高の3300万人、総人口の26.0%を占めており、日本社会の高齢化がいかに急激に進んでいるのかを示す結果となった。企業の経営者も例外ではなく、平均年齢が年々上昇を続ける中で、60歳代の経営者の半数以上が後継者不在になっている状況も判明 <帝国データバンク『後継者問題に関する企業の実態調査』(2014年7月)> しており、トップの高齢化に企業はどう向き合うのか、その対応を求められている。

帝国データバンク横浜支店は、2015年12月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(約146万社収録)から、「株式会社」「有限会社」114万9108社のデータを抽出。うち、神奈川県内企業の2015年の1年間における社長の交代状況のほか、社長の年齢、出身大学、出身地などの属性データを分析した。

調査結果

  1. 1 県内企業の社長の平均年齢推移を見ると、1990年の集計開始以来、一貫して上昇を続けており、2015年には59.9歳と過去最高齢を更新した。また、社長交代率の推移を見ると、2015年は3.69%と前年比0.22ポイント増加したものの、依然として低水準が続いている。
  2. 2 業種別に社長の平均年齢を見ると、「製造業」が62.2歳と最も高かった。
  3. 3 年商規模別に社長の平均年齢を見ると、「1000億円以上」が61.4歳と最も高く、年商500億円未満のすべての年商規模において、1990年よりも平均年齢が上昇していた。
  4. 4 出身大学別に社長数を比較すると、1位「日本大学」(1740人)、2位「慶應義塾大学」(744人)、3位「東海大学」(711人)と、上位3校には順位の変動はなかった。地元の「関東学院大学」(604人)が、前年の6位から4位に上昇した。
  5. 5 出身地別に社長数を比較すると、首位は「神奈川県」の2万7686人。次いで「東京都」の4879人で、上位については、前年と比べ順位に大きな変化は見られなかった。

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 横浜支店
TEL:045-641-0380 FAX:045-641-0350

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向