景気・経済動向記事

「平成」産業構造変遷調査

「平成」30年間で最も伸長した業種、IT産業など「広告・調査・情報サービス」
〜 最も伸長した地域産業は山梨県の「一般機械器具製造」 〜

はじめに

今年5月1日には元号が「令和」へと改元され、約30年間続いた「平成」時代は間もなくその歴史に幕を下ろす。平成時代を振り返ると、高い経済成長率を誇った昭和時代から一変、バブル経済の崩壊とその後遺症の苦しみから始まり、経済の低迷と再生に喘いだ時代だったと言えよう。不良債権を抱えた金融機関の破綻から始まった平成不況は、今日まで続く景気の冷え込みや賃金抑制、雇用体系の変化を招いた。また、相次ぐ大災害、未曾有の金融危機だったリーマン・ショックも重なった。この間、記録的な円高や海外新興国の台頭で製造業など第二次産業は「空洞化」が進み、日本経済は「失われた20年」とも「30年」とも表現される長い低成長時代を経験した。

一方、「平成」終盤にはアベノミクスの推進によってようやく経済の低迷状態から脱しつつある。またIT化の進行のほかインバウンドの拡大による第三次産業も新たに台頭。国内産業は、平成30年間のなかで大きく変容した。

帝国データバンクは、保有する企業概要データベース「COSMOS2」を用いて、1989年(平成元年)〜2018年(平成30年)の過去30年間について、企業売上高ベースの産業構造の変化を調査・分析した。

■調査対象の業種は、帝国データバンクの業種分類に準じた(「電気・ガス・水道・熱供給業」「金融・保険業」「公務」を除く)

■構成比の比較対象は、各年末に判明した各企業の「売上高」をベースとした


調査結果

  1. 1 1989年〜2018年間の平成30年間における日本の産業変遷を見ると、全9業種のうち、平成30年間で構成比が拡大したのは「建設業」「小売業」「運輸・通信業」「サービス業」の4業種。縮小したのは「製造業」「卸売業」「不動産業」「農林水産業」「鉱業」の5業種
  2. 2 最も大きく伸長したのは、「広告・調査・情報サービス業」(平成元年:1.6%→平成30年:4.9%、3.3ポイント増)
  3. 3 最も地域産業に占める売上高の割合が拡大した業種は、山梨県の「一般機械器具製造」(平成元年:2.8%→平成30年:22.8%、20.0ポイント増)
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 情報統括課
TEL:03-5775-3073  FAX:03-5775-3169

エリア別 関連記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向