業界情報記事

「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)

「トヨタ自動車グループ」下請企業、全国に3万8663社
〜 業種別では一次・二次とも「非製造業」が初のトップ 〜

はじめに

トヨタ自動車(東証1部)が2月6日に発表した、2018年4〜12月期(第3四半期累計)連結決算によれば、同社グループ世界販売台数が約800万台、売上高は最高を記録した。国内では、フラグシップセダン「クラウン」のフルモデルチェンジや「カローラスポーツ」の投入など、積極的な市場戦略を展開。同社の高級車ブランド「レクサス」の販売も好調に推移した。「グローバルトヨタ」の好業績は、すそ野が広範で多岐にわたる国内製造業を力強くけん引する原動力となっており、今後の決算動向にも注目が集まっている。

他方、「CASE(コネクティッド化・自動運転化・シェア/サービス化・電動化)」と呼ばれる技術革新の波が押し寄せるなか、同社でも電動化など「未来のモビリティ社会」の創出を目指しており、従来の自動車関連産業に構造変化が起きる.可能性も指摘されている。

本調査では、自社データベースである企業概要ファイル「COSMOS2」(147万社収録)の中から、トヨタ自動車グループと直接、間接的に取引がある下請企業(一次下請、二次下請)を分析した

■「トヨタ自動車グループ(以下、トヨタグループ)」は、トヨタ自動車および同社の2018年度・有価証券報告書に記載のある国内製造子会社・持分法適用関連会社(アイシン精機、デンソー、トヨタ紡織など)など計16社が対象

■トヨタグループの複数社と取引関係がある企業については「1社」としてカウントした

■「製造業」「卸売業」「サービス業」の3業種における自動車製造等に関連する企業で、資本金3億円以下の企業を、トヨタグループの「下請企業」と定義した

■取引の有無、売上高、所在地は最新のものとしたが、変動している可能性もある


調査結果

  1. 1 トヨタグループ(主要関連会社・子会社計16社)の下請企業は、グループと直接的に取引を行う一次下請企業が6091社、間接的に取引を有する二次下請企業が3万2572社、全国に合計3万8663社判明。地域では東海地方を中心に、関東から近畿まで幅広く集積していた
  2. 2 業種別では、一次下請は「受託開発ソフトウェア」がトップとなり、2014年の調査開始以降で初めて「自動車部分品・付属品製造」(259社、構成比4.3%)を上回った
  3. 3 売上高規模別では、全体では「1〜10億円未満」が2万1107社(構成比54.6%)で最多となり、中小・零細企業が増加した。業績動向では、2017年度は25.0%(9614社)が増収となり、「減収」企業(4325社、構成比11.3%)の2倍超となった
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 情報統括課
TEL:03-5775-3073 FAX:03-5775-3169

輸送機械業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向