業界情報記事

自動車小売業の倒産動向調査(2018年)

中古車小売の倒産、再び100件に迫る
〜 新車小売も前年比66.7%の大幅増 〜

はじめに

近年、世界的な自動車メーカーに不祥事が相次ぐなか、SUBARUは1月30日に2018年12月の国内生産台数が前年同月比15.9%減となったことを発表するなど、消費者の自動車離れが叫ばれて久しい国内市場に影を落としている。また、国内の新車登録台数はリーマン・ショック前の水準には回復しておらず、カーシェアの普及などで、自動車を購入・所有するという消費行動そのものにも大きな変化が起きつつある。新車・中古車ディーラーを取り巻く環境は、これからひとつの転換期を迎えていると言えよう。

帝国データバンクでは、2018年(1-12月)の自動車(新車・中古車)小売業者の倒産動向(負債1000万円以上、法的整理のみ)について、集計・分析した。


調査結果

    「新車小売業」

  1.  2018年の倒産は25件で、前年比66.7%の大幅増。負債総額は57億4900万円(同245.9%増)
  2.  負債規模は「1億円以上5億円未満」が最も多く10件(構成比40.0%)
  3.  「関東」地域では、初めて倒産件数0を記録
  4. 「中古車小売業」

  5.  2018年の倒産件数は98件で前年比14.0%増。東日本大震災後の水準まで悪化
  6.  うち負債規模「5000万円未満」の零細倒産が70件で全体の71.4%を占め、2000年以降で2番目の高水準
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

サービス業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向