業界情報記事

理美容業の倒産動向調査(2017年)

2017年の倒産は151件、過去最多
〜 大手との競争激化で中小倒産多発 〜

はじめに

昨今、一般消費者の被害が大きい美容関連企業が数多く取り沙汰された。なかでも2017年3月には、一般会員11万人が影響を受けた脱毛エステのグロワール・ブリエ東京が特定商取引法違反などを引き金に、約97億7200万円の負債(エステ関連業界では過去2番目の大型倒産)を抱え破産申請に追い込まれた。こうした事例に伴い、業界は近年、サービスの安全・健全化を求め、消費者保護施策を進める途上にある。

一方、「衛生行政報告例(2016年度)」(厚生労働省)では、理容所は約12万2000施設で前年度比1.6%減となったものの、美容所は約24万3000施設で同1.3%増と推移、傾向が分かれている。今後一層、大手と中小零細の二極化や企業再編の進行が見込まれ、その影響度が注目される。

帝国データバンクは、「理容業」と「美容業」における、2007年〜2017年の倒産(法的整理のみ)について分析した。なお、本調査は今回が初めて。


■「理容業」とは理髪店、床屋、理容院、理容所、バーバー、「美容業」は美容院、髪結業、美顔術業、マニキュア業、ペディキュア業、ビューティサロン、ビューティドック、エステティックサロンをそれぞれ主業として手がけるもの

調査結果

  1. 1 2017年の理美容業の倒産は151件判明。2年連続で前年比増加となったうえ、2011年(149件)を上回り過去最多
    負債総額は(株)グロワール・ブリエ東京の倒産により、138億100万円(前年比252.5%増)となり、過去10年で最大
  2. 2 負債規模別に見ると、「5000万円未満」が140件と小規模倒産が92.7%を占めた
詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 東京支社 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

サービス業界の基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向