景気・経済動向記事

東北3県・沿岸部「被害甚大地域」5000社の追跡調査

震災5年時点で、全体の3割、1400社が休廃業
〜 震災1年経過後、事業再開の動き停滞 〜

はじめに

3月11日、2011年に発生した東日本大震災から5年の節目を迎える。被災3県の中でも特に多数の犠牲者が出た「被害甚大地域(※)」においては、企業活動に与えた影響も大きく、1400社を超える企業が休廃業に追い込まれた。その一方で、幾多の困難を乗り越えて事業を立て直し、事業継続企業全体の約6割が震災前の売上水準を回復している。

帝国データバンクは、岩手、宮城、福島3県沿岸部の「津波被害が特に大きかった地域」と「原発事故による警戒区域・計画的避難区域(当時)」(※ 本調査における「被害甚大地域」)に本社を置いていた5004社を対象に、震災から約5年経過時点での活動状況について追跡調査した。

なお、本調査の発表は2011年7月、2012年3月、2013年3月、2015年3月に続き5回目。

調査結果

  1. 1 震災発生から5年時点で「事業継続」している企業は3598社(構成比71.9%)を数えた。震災から約1年後の2012年2月(70.1%)から大きな変化はないものの、2013年2月(72.8%)をピークに、2015年2月(72.4%)、2016年2月(71.9%)とわずかながら減少傾向
  2. 2 他方、「休廃業」している企業は1406社(構成比28.1%)で、前回調査時(1382社)から24社増加した。震災から5年経てなお、全体の約3割が実質的な活動停止に追い込まれたままとなっている
  3. 3 各県別の活動状況を見ると、「福島県」が他の2県に比べて厳しい状況。「事業継続」している企業が477社(構成比39.6%)にとどまった。年を追うごとに増加傾向にはあるが、3県の中で最も低い比率のまま。他方、「休廃業」は728社(同60.4%)を数えた
  4. 4 震災前の2009年度と比べて、2014年度の売上高が上回った企業は1811社(構成比53.9%)で過半数。「横ばい」企業(155社、構成比4.6%)と合わせて、全体の約6割の企業が震災前の売上水準を回復

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向