業界情報記事

“地場系”ウイスキー&ビール&ワイン実態調査

地ウイスキー、クラフトビール、着実な成長 〜 国内酒類市場は縮小続くも、新興勢力が台頭 〜

はじめに

若者のハード・リカー離れ、健康志向、第三のビールやプライベート・ブランド商品に象徴される根強い低価格志向。国税庁調べの酒類出荷量(国産+輸入、国税庁調べ)によれば、酒類全体の出荷量は2010年に900万klの大台を割り込んで以来、低迷が続いている。特に、ビール、清酒、焼酎の三大カテゴリーにおいて、その傾向が顕著だ。 しかし、その一方で“地ウイスキー”やワイン、また一部のプレミアムビールや地ビールメーカーによる“クラフトビール”など、小規模な蒸留所、醸造所で作られる酒類の需要は確実に伸びている。 そこで、企業概要ファイル「COSMOS2」(146万社収録)から国内酒類メーカー1570社を抽出、これらのカテゴリーに所属する企業に焦点を絞り、分析を行った。同様の調査は今回が初めて。

調査結果

  1. 1 ウイスキー市場はサントリーとニッカウヰスキーの大手2社で市場の9割を占めており、地ウイスキーメーカーも10社にとどまる。しかし、規模は小さいながらも近年、世界的な知名度を誇る企業も登場してきている
  2. 2 ビール市場はアサヒビール、キリンビール、サントリー、サッポロの大手4社が市場の99%を占めているが、地ビールメーカーによるクラフトビールも一定の市場を形成、増勢傾向にある
  3. 3 ワイン市場はこの20年で完全に定着、輸入、国産とも伸びており、地場系ワインメーカーも100社超と裾野が広い。酒税法上、優遇されていることも普及の一因

詳細はPDFをご確認ください

お問合せ先

株式会社帝国データバンク 情報部
TEL:03-5919-9341 FAX:03-5919-9348

食品の業界基本情報・動向

業界調査なら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1異業種への新規参入を検討しているので、知見がある人にサポートしてほしい。

    御社がその業界に適しているか、またどういう戦略で参入するのが最良かなどの検討材料になる最新の業界情報を提供。業界調査はもちろん御社のビジネスを踏まえたうえでのアドバイスも承ります。

  • ケース2自社が業界内でどのような位置にいるか、客観的に知りたい。

    御社が提供する商品・サービスの業界内での売り上げランキングを調査し、報告。
    ライバル会社が明確になるため、営業戦略を立てる際の資料づくりや、上場の準備資料を揃えるのにお役立ていただけます。

お問合せ・資料請求はこちらから

業界調査関連 関連サービス

景気・業界の動向