帝国データバンク -採用募集サイト-

ENTRY MYPAGE

case6 マスコミ

Client voice

情報の確かさへの信頼

 記者として読者が求める社会的に影響の大きな事件や話題性のある出来事を常日頃探しています。その観点から帝国データバンクは倒産情報や企業情報を利用した特集記事などを発信しており、インパクトの大きさに応じて取り上げさせてもらっています。

 記事作成における重要な要素として、即時性・正確性・話題性などがあります。帝国データバンクの情報は即時性に優れているだけでなく、直接取材や関係先への取材、商業登記・不動産登記などの公的資料に対する裏付けもされた情報であるため正確性において非常に信頼できます。よく取り上げさせてもらう情報としては、倒産情報、企業情報を生かした特集記事や景気動向調査結果などです。

 大型倒産、あるいは社会的に関心がある倒産は、多くの人から注目され、なかには多数の取引先に影響を与えるケースもあります。こういった倒産に関する情報がタイムリーに発信されますので、記者にとってはとても助かります。全国に広がった企業情報網を持つ帝国データバンクでしかなしえないと感じます。

 また、毎月2万社以上を対象にした景気動向調査結果や、時流に合わせた企業群に関する特集記事、倒産集計などは市況感を見るうえで非常に興味深い情報です。企業に対する高い知名度と信用がない限り、企業情報の収集やアンケート調査は成立せず、帝国データバンク独自の調査は紙面つくりの材料としてだけでなく、特集企画の参考にもさせてもらっています。これからも「読者の知りたい」「読者に伝えたい」情報を早く・正しく発信していくうえで、帝国データバンクが発信する情報に期待しています。

Our Mission 「いち早く情報を知りたい」というお客さまからのニーズを感じる時

 帝国データバンクは社会貢献として企業に関する様々な情報を発信しています。特に倒産情報については、あらゆる方面に複合的に影響を及ぼすため、情報を入手したら、正確・迅速にリリースしています。情報発信源としての責任を持ちながら、帝国データバンクでしかできない、世の中のニーズに応える情報を発信していきます。

CASE STUDIES
事例を見る
その他の事例を見る

PAGE TOP