ビジネス講座

これから始める与信管理第1回: 信用リスクとは? 与信とは?

信用リスクとは?

世の中にはたくさんのリスクがあります。火事になるリスク、交通事故に遭うリスク、いろいろなことに失敗するリスク。
それでは、会社における「リスク」にはどういうものがあるでしょうか? 災害によるリスク、為替リスク、カントリーリスク、オペレーショナルリスク、今だと情報漏洩も話題になっていますね。
あと、もうひとつ大きなリスクが「信用リスク」です。 これは取引先が倒産して、売上債権の全額が回収できなくなって、損失を出してしまうことをいいます。
たとえば、部品メーカーA社には大口取引先の電気メーカーB社があります。

このB社が倒産した場合には、売上債権5千万円が損失となってしまいますので、なんとA社の利益が0円になってしまいます。 この5千万円の利益を補填するためには、売上をあと10億円増やす必要があるのです。それはかなり困難なことです。

では、もっと取引が少ない、工作機器メーカーC社の場合はどうでしょう。

このC社が倒産した場合にも、損失となった売上債権500万円を補填するためには、売上があと1億円必要となるのです。 A社の場合、売上全体から見て1%規模の取引先との付き合い方には、売上1億円の価値があります。それほど、信用リスクの管理は重要です。

また、リスクは以下の3つの要素から成り立っています。

「取引先のD社は、資金繰りが厳しくなっていて、あと1年ぐらいで、倒産する可能性が高いな。当社が売っているのは毎月少しだけど、支払が遅れているから2カ月分が溜まっている。大丈夫かなあ」と、こんな感じになります。
まずは、それぞれの取引先が、どれくらい倒産する可能性が高いか低いかを把握することと、売上債権残高を常に把握しておくことが、最初の一歩であり、重要となります。

与信とは?与信管理とは?

それでは、危ない会社と、安全な会社、どのように対応すれば良いのでしょうか?
ひとつは、取引をする、しないです。 しかしながら、簡単に取引を止めるわけにもいきません。売上が減って利益もなくなるかもしれませんし、さまざまな事情で止められないかもしれません。
危ない会社と、安全な会社のように、2つに分けることもできません。現実には、危ない会社といっても、「ちょっと危ないかもなあ」「危ないかなあ」「危ないなあ」「危ない、危ない、どうしよう」などといろいろな段階に分かれます。 どの段階になったら、取引を止める・止めないと判断するだけでは、ぎりぎりのところで取引をしている先に対して大きな損失を出す可能性を抱えてしまいます。

そこで考えられる有効な方法は、「与信管理」です。
ここで出てくる「与信」とは、一般的に「商取引において取引相手に信用を供与すること」を指します。

たとえば、商品を販売する場合、商品を先に渡して代金は後で回収することが行われる場合があります。この取引において、販売先に対して商品の代金を回収するまで「信用を与える」ことを「与信」といいます。

この信用を与える間の売上債権を管理することを「与信管理」といい、取引先の危なさの状態に応じて、取引可否や取引の規模を考える方法です。取引先が倒産した場合、具体的な損失となるのは、売掛金や手形などの売上債権の金額分ですから、この残高をコントロールするのです。
安全な会社に対しては、この売上債権残高の上限として許される信用枠を大きく取り、危ない会社に対しては、この信用枠を小さくするという考えです。また、相手の企業規模なども考えて、その信用枠を調整します。

取引先のリスクを管理する時には、この「与信管理」という管理方法が最も簡単であり、効果も大きいので、実務では幅広く採用されています。

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 企総部 企画課
お問い合わせはこちら

与信管理のことなら帝国データバンクにおまかせください

ビジネス講座