ビジネス講座

ビッグデータ分析

帝国データバンクでは、1980年から蓄積している企業情報データベースを活用し、経済地理学・経済物理学・経営工学・産業論・中小企業論・金融論等と最先端のデータマイニング手法及びテキストマイニング手法を組み合わせた、ビッグデータ分析を開発しました。現在、東京工業大学、東京大学、首都大学東京、筑波大学などとの共同研究を進めており、研究成果は積極的に発信します。









ビッグデータ分析の事例

     

共同研究一覧

帝国データバンクでは、大学との共同研究、およびインターンの受け入れに積極的に取り組んでいます。ご興味がある方はお問い合わせください。

                                                                                                           
大学名研究室研究タイトル
東京工業大学高安研究室企業の大規模データを活用した未来予測シミュレーションモデルの構築
東京大学柴崎研究室空間情報と企業ビッグデータを用いた経済社会における法則や原則についてのリバースエンジニアリング
筑波大学堤研究室空間情報と企業ビッグデータを用いた事業所間取引構造に関する研究
九州大学馬奈木研究室 →新国富指標とネットワーク分析から洗い出す投資効果分析
東京大学城所研究室取引ネットワークに依拠した広域的企業移転の解明
横浜国立大学池島研究室公共調達と企業ビッグデータによる衰退の取引分析
首都大学東京渡邉研究室企業ビッグデータの最適なビジュアライゼーション手法の開発
 


関連するセミナー一覧