倒産速報記事

長州観光開発株式会社

観光ホテル「萩グランドホテル天空」運営
山口県内初「新型コロナウイルス」関連倒産
自己破産を申請
TDB企業コード:650043595

負債18億円

萩グランドホテル天空

「山口」 長州観光開発(株)(資本金9000万円、萩市古萩町25、代表澤野秀人氏ほか1名、従業員30名)は、4月6日に山口地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は中山修身弁護士(山口市春日町2066-1 藩庁門ビル2階、弁護士法人中山修身法律事務所、電話083-923-5240)。

 当社は、1972年(昭和47年)7月に設立された観光ホテル。70年代〜80年代にかけて設備投資を積極的に進め、総客室数183室、最大収容人員800名で、240畳の大宴会場を完備するなど、当地では大手のホテルに成長していた。95年にはパチンコ事業にも参入して業容を拡大、99年3月期には40億円近い年収入高を計上していた。その後、収入高の5割以上を占めていたパチンコ事業から撤退して以降、2003年に500坪の庭園大温泉「弘法寺の湯」を開設し、2004年12月にホテルの名称を「萩グランドホテル天空」に変更して料理、土産物店などのサービスを充実する一方で、旅行代理店との企画を進めて県内外から旅行客を集めていた。

 しかし、その後は大口の旅行案件の減少などで集客は伸びを欠き、2019年3月期の年収入高は7億円程度にまでダウン、収益性も低下していた。設備投資に伴う借入金が重荷となり、余裕のない資金繰りが続くなか、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う宿泊予約のキャンセルが3月は80%、4月には95%にのぼり、事業の継続が困難な状況に陥った。

 負債は約18億円の見込み。
 なお、新型コロナウイルス関連倒産は山口県で初めて。中国地方では6件目。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報