ビジネス講座

ビッグデータ分析の事例11 信用保証協会利用企業の実態

信用保証協会利用企業の特徴(企業規模、業種)

信用保証は中小企業にとって最も馴染みのある施策の一つです。しかし、信用保証協会を利用している企業の実態については、「零細小規模企業が多く利用している」など漠然としたイメージで語られることが多く、明らかにされているとはいえません。
そこで、はじめに、帝国データバンクのデータベースを使用し、大阪市を中心に信用保証協会を利用する企業の特徴を分析しました。



調査結果

  1. 1 信用保証協会利用企業(大阪市)は、卸売業・小売業、製造業、建設業といった事業所数、従業者数の激減している業種において相対的に多い。
  2. 2 大阪市においては、社歴10〜30年目あたりの企業層による信用保証協会利用が比較的多い。
  3. 3 「小規模」な企業になるほど活発に信用保証協会が利用されているというイメージが一般にはあるが、大阪市全体での企業規模分布をみると、従業者数、資本金額、売上額ともに「中間」層に位置する企業の信用保証協会利用が多い。

詳細はPDFをご確認ください

信用保証協会利用企業の特徴(業績、資金動向)

次に、売上や収益などの企業業績、支払能力・資金調達力などの資金動向に着目して分析しました。



調査結果

  1. 1 信用保証協会を利用する企業は経営状況が厳しいというイメージがあるが、売上業況や収益性の評価においては、大阪市立地企業全体と比較して著しく悪いというわけではない。
  2. 2 信用保証協会利用企業は、資金需要がある一方で、資金調達余力は厳しい状況にある企業が比較的多い。
  3. 3 複数行取引を行い、また、信金をメインとして取引する企業が大阪市立地企業全体と比較して多い。

詳細はPDFをご確認ください

次の回を見る

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部
TEL:03-5775-1092 FAX:03-5775-3168

目次

帝国データバンクの膨大データベースと調査・分析ノウハウを活用してみませんか

ビジネス講座