ビジネス講座

ビッグデータ分析の事例7 自治体におけるビジネスマッチング支援利用企業の実態

自治体のビジネスマッチング支援増加

近年、独自の中小企業支援の施策を展開する自治体が増え、なかでも、中小企業と大手・中堅企業等との取引を仲介する「ビジネスマッチング」の支援に取り組む事例がみられるようになってきています。

本レポートでは、大阪市における中小製造業のビジネスマッチング支援である「ビジネスチャンス倍増プロジェクト」を利用した企業について、利用後にどのような変化があったのか分析を行いました。

マッチング仲介が完了した企業、あるいは、それによって具体的な成果が出た企業を「マッチング実現企業(以下、実現企業)」とし、これらの企業の2006〜2011年の従業員数、売上高、税引後利益の変化をみていきました。
対象先には、大阪産業創造館におけるビジネスチャンス倍増プロジェクト利用企業のデータベースから、2006年にこの施策を利用した企業でマッチングランクがA以上の企業、かつ帝国データバンク(TDB)の保有する企業概要データベース「COSMOS2」の2006年と2011年の従業員、売上高、税引き後利益が掲載されている企業を抽出しました。



調査結果

  1. 1 「ビジネスチャンス倍増プロジェクト」利用企業は比較的規模の大きい企業が中心。
  2. 2 「ビジネスチャンス倍増プロジェクト」により仲介が実現した企業は小規模の企業が多い。
  3. 3 「ビジネスチャンス倍増プロジェクト」によってビジネスマッチングが実現した企業は、従業者数、売上高、利益を維持・拡大させる企業が比較的多い。
    ※リーマンショック時を含む期間であったため、ビジネスマッチングが実現した企業であっても、従業者数の減少や業績の悪化があらわれていた。
  4. 詳細はPDFをご確認ください

    次の回を見る

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク データソリューション企画部
TEL:03-5775-1092 FAX:03-5775-3168

目次

帝国データバンクの膨大データベースと調査・分析ノウハウを活用してみませんか

ビジネス講座