サイト内検索

ICカード・カードリーダのお申込みはこちら
TDB電子認証サービス TypeA 電子政府対応「電子証明書」
 TypeAトップ > よくある質問・お問合せ > Q04 更新、ご購入の手続きについて
TypeAについて
TypeAとは?
TypeAのメリット
TypeAでできること
電子入札 電子申請
電子申告・納税
電子契約 e文書法
価格・有効期間
お申込み
申込から受取までの流れ
準備(パソコン要件)
ICカードのお申込み
カードリーダのお申込み
提出先
お受取り方法
ICカード受取後の手順
ご利用中のお客さま
有効期限が切れる前に
失効手続き
入札公告情報配信サービス
サポート
よくある質問・お問合せ
ダウンロード
セッティングサービス
個人情報保護
リンク集
サイトマップ
TypeA トップページ

TDBseal

 ・01 有効期限が切れる前のお知らせはありますか?
 ・02 ICカードの更新方法・手続きについて
 ・03 不要になったICカードは返却する必要がありますか?
 ・04 ICカード追加購入の方法・手続きについて
 ・05 代表者変更時の手続きについて
 ・06 名義人や会社名、住所を変更されたい場合の手続き
 ・07 市区町村合併や区画整理で住所が変わる場合の手続き
 ・08 ICカードやPIN通知書を紛失、破損した場合の対応方法
 ・09 失効申請について
 ・10 残存期間割引制度・割引申込書について
 ・11 連絡先担当者やメールアドレスを変更するには?
 ・12 失効"申請書"と失効"届出書"はどちらを提出したらいいのか

-01 有効期限が切れる前のお知らせはありますか?
有効期限の2ヶ月前に郵便物とメールで、1ヶ月前にメールでご連絡します。

【例】
 有効期限が2018/3/8の場合…2018年1月に郵送&メール、2月にメール

有効期限の確認方法は以下をご確認ください。
⇒Q06-02 ICカードの正確な有効期限の確認方法

なお、別名義で既に更新されている場合やご利用になられていない場合につきましても、失効がされていない限りご案内をお送りしております。予めご容赦ください。
一つ前の画面へ戻る

-02 ICカードの更新方法・手続きについて
ICカードは更新ごとに新しいICカードを発行する必要があります。
初回と同様にお申込みページから公的書類を含むお申込み書類一式を揃え、ご郵送ください。

・どれくらいから準備を開始すればいいですか?
ICカードの発行に1〜2週間ほどかかること、受取時の手間、発注機関側でのICカード更新の手続きがあることを考慮し、早めにご準備ください。
ちなみに、ICカード有効期間のうち、30日間は更新用期間として用意しております。

・新しいICカードの有効期間はいつからになりますか?
ICカードが発行された日より開始となります。前回の期限を引き継ぐ事は出来ません。
一つ前の画面へ戻る

-03 不要になったICカードは返却する必要がありますか?
返却不要です。
有効期間が満了したり、失効して不要になったICカードは、ハサミを入れて頂くなどをしてから自治体の方針に従い破棄をしてください。

また、有効期間が切れたICカードの失効申請書の提出は不要です。
一つ前の画面へ戻る

-04 ICカード追加購入の方法・手続きについて
追加購入の場合は初回申込と同様にお申込みページから公的書類を含む申込書一式を揃え、ご郵送ください。省略できる書類はございません。

なお、料金は年数に関わらず2枚目以降価格が適用されます。
一つ前の画面へ戻る

-05 代表者変更時の手続きについて
現在ご利用されている電子証明書(ICカード)の名義人がどなたかによって対応が異なります。

(1)ICカードの名義人が、現代表者名義の場合

新代表者名義で、ICカードを購入いただく必要があります。
お手続きの概略は、以下のとおりです。
  1. 新代表者名義のICカードをお申込み※(詳細はこちら
    新代表が既に在籍されている場合、代表就任前にお申込頂けます。
    その場合の申込情報代表者名欄は前代表者名を入力し、登記簿は前代表者のものをご用意ください。

    まだ在籍されていない場合は登記へ反映された後でなければお申込頂けません。
    新しいICカードが手に入るまでの入札につきましては発注機関へご相談ください。

  2. お申込みに不備がなければ約2週間で発送(受取方法はこちら
  3. 発注機関への利用者登録等(詳細は各発注機関へご確認ください)
  4. 前代表者名義のICカードの失効申請(詳細はこちら

現代表者名義のICカードの残存期間に応じまして、購入時に割引を行う制度をご用意しております。
詳細につきましては、ICカード残存期間割引制度をご参照ください。

(2)ICカードの名義人が、現代表者名義ではない場合(支店長など)

ICカードに格納されている電子証明書には代表者名は記載されていないため、そのままお使いいただけます。

一つ前の画面へ戻る

-06 名義人や会社名、住所を変更されたい場合の手続き
以下の項目はICカードに格納されている情報のため、発行後に変更する事が出来ないため、
新たに変更後の内容のICカードを申込んで、古いICカードを失効する必要がございます。
  1. 名義人(利用者)の氏名
  2. 名義人(利用者)の住民票記載住所(※1)
  3. 所属組織名
  4. 所属組織の登記面本店住所
  ※1
   2014年10月10日メンテナンス明け以降から、
   お申込時に住民票記載住所の格納を選べるようになりました。
   住所が格納されてないICカードは住所変更にあたり、手続きは一切必要ございません。
   お持ちのICカード格納情報を確認するにはこちらをご確認ください。


お申込はお申込からお願いいたします。
失効については失効手続きをご参照ください。

合併等の行政側都合での住所変更の場合は市区町村合併や区画整理で住所が変わる場合の手続きを、 代表者変更の場合は代表者変更時の手続きについてをご参照ください。

今後、古いICカードの使用予定が無ければ、6ヶ月以上有効期限が残っている場合に
残存期間割引制度がご利用頂けます。
※残存期間割引制度を適用するICカードは60日以内に失効する必要があります。
詳細は残存期間割引制度についてをご確認ください。

なお、申込担当者の情報を変更されたい場合は
連絡先担当者やメールアドレスの変更手続きをご参照ください。
一つ前の画面へ戻る

-07 市区町村合併や区画整理で住所が変わる場合の手続き
原則としては、ICカード内の情報と変更後の登記や住民票の情報が不一致となるため、
ICカードの失効事由に該当し、新しいICカードの申込が必要となります。
しかし、発注機関によっては旧住所が記録されているICカードの利用を認めるという場合もあります。
対応は発注機関によって異なるため、必ず発注機関へご確認ください。

【ご注意】
2014年10月10日メンテナンス明け以降から、
お申込時に住民票記載住所の格納を選べるようになりました。
住所が格納されてないICカードは住所変更にあたり、手続きは一切必要ございません。
お持ちのICカード格納情報を確認するにはこちらをご確認ください。

一つ前の画面へ戻る

-08 ICカードやPIN通知書を紛失、破損した場合の対応方法
ICカードについて
■紛失
紛失された場合は悪用を防ぐため、速やかに失効の手続きをお願いいたします。
失効についてはこちらをご参照ください。

■故障・破損
ICカードが破損・故障した場合は、再度ICカードをご購入頂く必要がございます。
(到着時点での動作不良はヘルプデスクまでご連絡ください。)

PIN通知書について
「電子署名及び認証業務に関する法律施工規則」第六条第三号に基づき、PINの情報は発送後に全て削除されます。
したがってPINやICカードロック解除用PINがわからなくなってしまった場合は、ICカードを使用する事ができなくなり、失効申請を行った後、新たにお申込み頂く必要があります。
キャンセル・返金はお引き受けできかねますので、予めご了承ください。

いずれの場合も、新しい証明書をお申込み頂く際に、
有効期限の残り期間が半年ごとに\2,000の残存期間割引制度をご利用いただけます。
制度について詳しくはこちらをご確認ください。

ICカードとPIN通知書の両方を紛失した場合は、速やかに失効する必要がございます。
可能な限り早急にヘルプデスクまでご連絡ください。
一つ前の画面へ戻る

-09 失効申請について
ICカードの使用を中止したとき、紛失したとき、内容に変更があったとき、 残存期間割引を利用したとき等に、失効申請書をご提出頂く必要があります。
詳しくは失効申請をご参考ください。

■失効費用はかかりますか。
費用はかかりません。

■失効されるまでの時間はどれくらいですか?
失効は申請書を受領した即日に行います。
失効完了後の中止、再度有効にする事は構造上不可能ですのでご注意ください。
失効後はすぐに通知書を発行いたします。

※残存期間割引を使用した場合
割引申込書の提出から60日以内に失効申請書をご提出頂く必要がございます。 万が一期限内に提出が無かった場合は該当のICカードを失効いたしますのでご了承ください。

一つ前の画面へ戻る

-10 残存期間割引制度・割引申込書について
名義人変更や、ICカードの故障時など、ICカードの有効期間中に買い直しを行う際に 古いICカードを失効する代わりに、残存有効期限の半年あたり\2,000(最大36ヶ月\12,000)の割引が適用頂けます。
詳細は残存期間割引制度についてをご確認ください。

割引申込書は必ず新しいICカードのお申込み時に同封頂く必要がございます。
同封し忘れた場合、後から適用する事はお断りしております。ご了承ください。

■割引申込書と失効申請書は同時に提出する必要がありますか?
同時でなくて結構です。
新しいICカードが届き、そちらへの切り替え手続きがお済みになりましたら、
失効申請書をご提出ください。
一つ前の画面へ戻る

-11 連絡先担当者やメールアドレスを変更するには?
有効期間満了通知の送付先を変更されたい場合は、「有効期間満了通知送付先変更届」をご提出ください。

有効期間満了通知送付先変更届ダウンロード(PDF/57.2KB)

必要事項を記入されましたら、以下送付先までFAXか郵送にてご提出ください。
  【送付先】
FAXの場合:03-5775-3128
郵送の場合:〒107-8680 東京都港区南青山2-5-20
         株式会社帝国データバンク電子認証局TypeA 宛

※変更が出来るのはICカードに格納されない情報、連絡先情報のみです。
 名義人や会社名などを変更したい場合はICカードの再購入が必要になります。

 再購入についてはこちらをご参照ください。
※変更が反映されるのは請求書の送付後になりますのでご了承ください。

■入札情報配信サービス(TypeAサービスニュース)のメールアドレス変更について
メール窓口へ直接ご連絡ください。
詳しくはこちらをご参照ください。


一つ前の画面へ戻る
-12 失効"申請書"と失効"届出書"はどちらを提出したらいいのか

原則は利用者請求にてご提出頂きますが、失効事由により届出書もご利用頂けます。
申請書の種類 提出可能な失効事由 必要な実印 失効通知書の
送付先
失効申請書 ・ICカードの紛失、破損、盗難、危殆化
・住所や会社名等、記載内容の変更
・利用の中止
利用者の実印 利用者のみ
失効届出書 ・住所や会社名等、記載内容の変更
・利用者の退職等による在職資格の喪失
・利用者の死亡
会社の実印
(印鑑証明書の添付要)
利用者と
所属組織

※残存期間割引を使用した場合
割引申込書の提出から60日以内に失効申請書をご提出頂く必要がございます。 万が一期限内に提出が無かった場合は該当のICカードを失効いたしますのでご了承ください。

一つ前の画面へ戻る

ページトップへ