倒産速報記事

医療法人社団おきの会

脳神経外科で著名な「旗の台病院」を運営
民事再生法の適用を申請
TDB企業コード:983692380

負債16億5874万円

医療法人社団おきの会が運営する「旗の台病院」

「東京」 医療法人社団おきの会<資産の総額(債務超過額金2億2604万2201円)、品川区旗の台5-17-16、理事長江口輝男氏>は、4月24日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日に再生手続き開始決定を受けた。

 申請代理人は多比羅誠弁護士(港区西新橋1-6-13、ひいらぎ総合法律事務所、電話03-6205-7655)ほか3名。監督委員には岡伸浩弁護士(港区西新橋1-5-8、岡綜合法律事務所、電話03-6257-1037)が選任されている。

 当法人は、1977年(昭和52年)5月に創業、99年(平成11年)2月に法人改組。東急池上線・大井町線「旗の台」駅至近にて、一般有床病院「旗の台病院」を運営していた。ベッド数42床を有する保険医療機関、東京都指定第二次救急指定病院として、地元の一般住民を対象に、内科、外科、脳神経外科、整形外科の診療を手がけていた。

 都内では数少ない脳神経外科病院の専門病院として開業され、前理事長は脳神経外科専門医として知られ、豊富な執刀実績を有していたことに加え、充実した設備を有していたことを強みに、2003年4月期には年収入高約8億8000万円を計上していた。

 しかし、近年は内科や外科の患者が増加する一方で、脳神経外科の患者が減少し、2018年4月期の年収入高は約5億6500万円に減少。2期連続で赤字決算が続き、財務内容も債務超過に陥り厳しい運営を強いられていた。この間、2017年に入り、前常務理事による外部への資金流出が発覚するなど資金繰りが悪化、法的手続きにより再建を図ることとなった。

 負債は債権者約153名に対し約16億5874万円。

 なお、スポンサーには医療法人社団埴原会(北区)の就任が決定している。

 また、債権者集会は4月26日(金)15時から港区のスタンダード会議室虎ノ門SQUAREで開催する予定。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報