倒産速報記事

株式会社創叡

タレント養成スクール経営、広告企画制作
元・E−girlsリーダーなども輩出
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:581637557

負債3億円

「大阪」 (株)創叡(資本金3000万円、大阪市西区九条1-10-4、代表氏衛立盛氏)は、12月1日に大阪地裁へ自己破産を申請し、同月13日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は加納一生弁護士(大阪市北区西天満3-4-6、大阪総合法律事務所、電話06-6809-6117)。財産状況報告集会など各期日は2018年3月8日午後2時。
 
 当社は、1991年(平成3年)7月に設立。小・中学生を対象とした演技指導、ダンス・音楽レッスンなどのタレント養成スクールや芸能プロダクションの経営を中心に行うほか、テレビCMやテレビ番組の企画制作、CMディレクター養成スクールの運営も手掛けていた。在阪民放各社のテレビ番組や食品、遊園地関連など数多くのテレビCMに所属タレントを出演させた実績を持つほか、高本彩(元・E-girlsリーダー)や宇都宮まき(タレント)なども、かつてスクール生として在籍したこともあり在阪タレント養成スクールとしては相応の知名度を有し、2004年6月期の年収入高は約4億2800万円を計上していた。

 しかし、以降はテレビ番組やテレビCMの東京への一極集中化などを要因としてメディアへの出演需要が減少していたうえ、景気低迷長期化を背景とした一般家庭の所得減少から養成スクールの新規入学者数も減少したことで業績が低迷。2014年以降は社有不動産に対して差押えが相次ぐなど資金繰り悪化を表面化させていたなか2016年2月には事業を停止していた。

 負債は約3億円。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報