倒産速報記事

株式会社アイム

「ロレックス」などの並行輸入業者
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:986970337

負債25億円

「東京」 (株)アイム(資本金2660万円、港区芝大門2-11-1、代表上野善弘氏)は、11月20日に東京地裁へ準自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は小畑英一弁護士(千代田区永田町2-11-1、LM法律事務所、電話03-6206-1310)が選任されている。

 当社は、1998年(平成10年)10月に設立。輸入時計を主体にバッグ、アクセサリー等の輸入卸を手がけていた。主力の時計については、「ロレックス」を中心とした海外高級ブランドを扱い、主に国内小売業者に対して卸売りをしていたほか、一部直営店舗やインターネット通販で小売りも展開、2014年8月期には年売上高約93億5300万円を計上していた。

 代表の上野氏は、高級ブランド時計の並行輸入に関するパイオニア的な存在とされ、業界内では相応の知名度を有していた。しかし、同業他社との競合が激化するなか、訪日観光客による「爆買い」が落ち着いたことなどから、2016年8月期の年売上高は約80億円に減少していた。

 負債は現在調査中だが、国内取引先に対して約25億円、海外取引先に対して約50万ユーロ(日本円で約6500万円)が見込まれる。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報