倒産速報記事

南国興産株式会社

元・ゴルフ場経営
特別清算開始決定受ける
TDB企業コード:890130823

負債79億100万円

「鹿児島」 南国興産(株)(資本金100万円、南九州市知覧町郡8630、登記面=鹿児島市中央町18-1、代表清算人渡辺勝三氏)は、2月3日に鹿児島地裁より特別清算開始決定を受けた。

 申請代理人は湯ノ口穰弁護士(鹿児島市照国町13-41、弁護士法人照国総合事務所、電話099-226-0100)ほか。

 当社は、1986年(昭和61年)12月に地場有力企業グループがゴルフ場の経営を目的に設立され、91年(平成3年)4月に「知覧カントリークラブ」(18ホール)をオープンした。地元では格式高いゴルフ場として運営され、2003年3月期は年収入高約4億5000万円を計上していた。

 しかし、景気悪化の影響に加え、レジャー形態の変化からプレー客が減少。値引きによる集客促進を図ったこともあって利用単価も下落し、2016年3月期の年収入高は約3億900万円にまで落ち込んでいた。この間、人件費抑制を目的としてセルフプレーを推奨するなど立て直しを図っていたものの、赤字解消には至らず、同期末時点で約19億9900万円の債務超過に陥っていた。

 こうしたなか、同年12月までに増減資を行うとともに、会員からの預託金および関係会社からの借入金について債権カットを含む再建策を模索するなかで、事業をグループ会社出資の新会社(株)南国リゾート(資本金8000万円、南九州市知覧町郡8630、代表田島浩彦氏)に分割譲渡。当社については同年12月31日開催の株主総会決議で解散していた。

 負債は債権者約323名に対し約79億100万円。

 なお、「知覧カントリークラブ」は新会社運営のもと、現在も営業を継続している。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報