倒産速報記事

株式会社ナツメ青山など3社

中古自動車販売
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:985468570

負債32億5200万円

「東京」 (株)ナツメ青山(資本金7000万円、港区南青山7-1-7、代表夏目政明氏)は、2016年12月28日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は廣畑牧人弁護士(港区赤坂5-4-10、今野・前田・廣畑法律事務所、電話03-3585-4896)。債権届け出期間は2月1日まで。

 当社は、2004年(平成16年)4月に、(株)ナツメの青山ショールームの運営を行う子会社として設立。中古自動車を中心に外国メーカーの自動車販売を手がけ、2008年3月期には年売上高約36億7300万円をあげていた。

 しかし、高価格帯の車両販売の不振が続き、2016年3月期の年売上高は約27億5000万円まで減少。関連会社から承継した借入金が重荷となるなか、昨年10月14日に事業を停止していた。この間、関係者との間で任意整理の方向で調整を進めていたが奏功せず、今回の措置となった。

 なお、関連会社で2013年に営業所を閉鎖し、顧客基盤を当社に承継していた(株)ナツメ田園調布(資本金7000万円、登記面=世田谷区東玉川2-5-7、同代表)と、当社へ事業承継後に休眠状態となっていた(株)ナツメ(資本金1000万円、登記面=台東区根岸3-1-18、同代表)も連鎖する形で破産手続き開始決定を受けた。

 負債は(株)ナツメ青山が債権者約17名に対し約12億9400万円、(株)ナツメが債権者約11名に対し約18億8400万円、(株)ナツメ田園調布が債権者約9名に対し約7400万円、3社合計で約32億5200万円。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報