倒産速報記事

株式会社MCH(旧:株式会社盛岡シティホテル)など2社

元・ホテル経営
特別清算開始決定受ける
TDB企業コード:130065420

負債31億8600万円

「岩手」 (株)MCH(旧商号:(株)盛岡シティホテル、資本金3400万円、盛岡市盛岡駅前通8-14、代表清算人村上和夫氏)と、関係会社の(株)HRM(旧商号:(株)ホテルロイヤル盛岡、資本金2000万円、盛岡市菜園1-11-11、同代表清算人)は、2016年12月22日に盛岡地裁より特別清算開始決定を受けた。

 申請代理人は大森剛弁護士(大阪府大阪市北区西天満4-3-25、弁護士法人梅ヶ枝中央法律事務所、電話06-6364-2764)。

 (株)MCHは、1951年(昭和26年)に食堂経営を目的として創業した後、71年(昭和46年)4月に法人改組。JR盛岡駅前の立地で73年1月に「盛岡シティホテル」を開業、79年8月には「盛岡ニューシティホテル」を開業した。また、93年3月には市内中心部に立地する「ホテルロイヤル盛岡」を約28億円で買収し、同運営企業の(株)ホテルロイヤル盛岡を完全子会社化した。

 しかし近年、これらホテルの近隣では大手ホテルチェーンによる新規開業が相次ぎ、2社の業績は低迷を強いられていたほか、(株)MCHは「ホテルロイヤル盛岡」の買収資金が財務面の負担となっていた。このようななか、2社からの会社分割により2016年8月に新会社を設立してホテル経営事業を承継、9月には2社それぞれ現商号へ変更のうえ、解散を決議していた。

 負債は2016年3月期末時点で(株)MCHが約30億9100万円、(株)HRMが約9500万円、2社合計で約31億8600万円であるが、変動する可能性がある。

 なお、現在は新会社の経営により上記ホテルの営業は継続している。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報