大型倒産速報

倒産・動向記事

2016/03/25(金) 元・温泉旅館経営
株式会社相互開発事業(旧商号・加賀観光ホテル)
特別清算開始決定受ける
負債50億円

TDB企業コード:380081839
「石川」 (株)相互開発事業(資本金1000万円、加賀市片山津温泉ウ41、登記面=大阪市中央区伏見町3-2-4、代表清算人池田佳史氏)は、3月15日に大阪地裁より特別清算開始決定を受けた。

 当社は1957年(昭和32年)10月に温泉旅館の経営を目的に(株)加賀観光ホテルの商号で設立。加賀温泉郷のひとつである片山津温泉内にて温泉旅館「加賀観光ホテル」を運営していたほか、2006年7月に同業者から譲り受けた温泉旅館を「季がさね」としてオープン。2つの旅館の運営を行い、加賀温泉郷のなかでもトップクラスの規模を誇り、2007年3月期には、年収入高約15億8600万円を計上していた。

 ただし、過剰な設備投資によって負債が膨らむなかで業績は悪化、2013年3月期の年収入高は約11億8000万円までダウンしていた。また、慢性的な赤字体質に陥っており、大幅な債務超過状態にあった。このため、2013年6月より経営コンサルタント会社に旅館の運営を任せていたが、独自での再建は困難であると判断。2014年4月に別途新会社を設立し、同年10月1日付けで同社に吸収分割して経営事業に関する権利義務すべてを承継させ、同時に当社は現商号に変更、2015年3月に登記面の本店住所を現所に変更し、31日に株主総会の決議により解散していた。

 負債は金融債務を中心に約50億円が見込まれる。

 なお、温泉旅館は別会社が事業継続し、営業中。

一覧


ページ先頭へ