大型倒産速報

倒産・動向記事

2016/03/24(木) 惣菜製造
続報
株式会社セトウチデリカ
民事再生手続き廃止、破産へ

TDB企業コード:740306069
「愛媛」 既報、2014年5月30日に松山地裁今治支部へ民事再生法の適用を申請し、再生手続きを進めていた(株)セトウチデリカ(資本金835万円、今治市富田新港1-2-5、代表藤田浩一氏)は、再生計画の遂行が困難となり、3月23日までに同地裁より民事再生手続きの廃止決定及び保全管理命令を受けていたことがわかった。今後、松山地裁今治支部の職権により破産手続きへ移行する予定。

 保全管理人には、越智顕洋弁護士(松山市一番町2-5-20、一番町法律事務所、電話089-961-1447)が選任されている。 

 当社は、1999年(平成11年)6月に設立された惣菜メーカー。2007年6月に自己破産した(有)セトウチフーズの基盤を承継して設立され、積極的な設備投資を実施して商品の生産体制を整え、大手スーパーや量販店への販路を構築する一方で、冷凍加工食品部門では大手冷食メーカーの外注指定業者となるなど、大手顧客との取引比率を高めて供給量を伸ばし、最盛期の2012年6月期には年売上高約56億円を計上していた。

 しかし、納入先である大手量販店の価格競争は激しさを増し、当社に対する販売単価の引き下げ要請が根強く、原材料相場の高値で推移する中で、過年度の設備投資に伴う多額の有利子負債が収益をさらに圧迫していた。そのため2013年2月にはチルド・冷凍加工食品を製造していた広島工場を閉鎖するなど、リストラによる収益性の改善を進める一方で、金融機関や愛媛県中小企業再生支援協議会に経営再建の支援を要請したものの奏功せず、同年9月には当社および代表者が消費税法違反と地方税法違反の罪で松山地裁に起訴されるなど社会的信用が大きく失墜、単独での事業継続は難しいと判断し、2014年5月に民事再生法の適用を申請(負債約41億5728万円)、同年9月の再生手続き開始を経て2015年7月に再生計画の認可を受けていたが、計画通りの収益を確保できず、事業の再生を断念した。

一覧


ページ先頭へ