倒産速報記事

関急不動産株式会社

元・不動産売買
破産手続き開始決定受ける
TDB企業コード:580314927

負債140億円

「大阪」 関急不動産(株)(資本金2400万円、大阪市大正区三軒家東5-6-7、代表清算人澤井重竜氏)は、3月1日に大阪地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は谷村佳郎弁護士(大阪市北区西天満2-6-8、誠心法律事務所、電話06-6130-8257)。財産状況報告集会などの各期日は5月23日午後2時。

 当社は、1970年(昭和45年)2月に三和住建(株)の商号で設立された不動産売買業者で、74年7月に現商号に変更。倉庫会社や物流会社などを有する関急グループの不動産デベロッパー部門として、戸建住宅販売や土地売買を手がけていた。その後、バブル期には多数の不動産を所有して不動産賃貸も手がけ、89年3月期には年売上高約8億2000万円を計上していた。

 しかし、バブル崩壊とともに所有不動産の価値が下落したことで金融機関からの多額の借入金が重荷となり、業績は急激に悪化。96年までに所有不動産を売却し、実質的に営業を停止。その後は残務処理などを行っていたが、2008年12月9日の株主総会で解散を決議。金融債務返済の目途が立たないことから、今回の措置となった。

 負債は金融債務のみで約140億円。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報