倒産速報記事

御坊山観光開発株式会社

ゴルフ場「高岡カントリー倶楽部」経営
民事再生法の適用を申請
TDB企業コード:370091009

負債77億1000万円

 「富山」 御坊山観光開発(株)(資本金4億8000万円、高岡市中田中田御坊山876、代表圓酒清人氏、従業員17名)は、3月4日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

 申請代理人は服部弘志弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-28、シティ法律事務所、電話03-3580-0123)ほか。

 当社は、1973年(昭和48年)1月に設立されたゴルフ場「高岡カントリー倶楽部」の運営会社。富山県高岡市、射水市の有力企業が出資して設立、現在はJASDAQ上場の(株)タカギセイコーの持分法適用関連会社となっていた。運営するゴルフ場は、頼成コースと万葉コースの2コース各18ホール、計36ホールを有していた。県西部有数の名門クラブとして富山県アマチュアゴルフ選手権大会も行われ、90年12月期の年収入高は約11億5300万円を計上していた。

 しかしながら、長引く不況の影響で収入高は年々減少傾向を辿り、2014年9月期(決算期変更)の年収入高は約4億6800万円にまで低下。加えて、会員からの預託金の償還問題も発生したことで厳しい経営を余儀無くされ、経営状況の改善および会員の権利保護の観点から、今回の措置となった。

 負債は、2015年9月末時点で約77億1000万円。

倒産した企業の周辺では様々なニーズが生まれます。この機会を商売のチャンスに変えませんか?

倒産関連サービス

倒産情報