大型倒産速報

倒産・動向記事

2016/01/28(木) ゴルフ場経営ほか
藤信興産株式会社
民事再生法の適用を申請
負債51億9800万円

TDB企業コード:470041251
「愛知」 藤信興産(株)(資本金5000万円、豊明市沓掛町田楽ケ窪1-98、代表浅野高浩氏、従業員20名)は、1月27日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は佐藤昌巳弁護士(名古屋市中区丸の内3-14-32、佐藤綜合法律事務所、電話052-232-8537)。監督委員には森美穂弁護士(名古屋市中区丸の内2-10-19、森法律事務所、電話052-202-5155)が選任された。

 当社は、1970年(昭和45年)8月設立のゴルフ場経営業者。76年11月にゴルフ場「青山高原カントリークラブ」(パー72、6496ヤード(レギュラーティー)、三重県津市)をオープン。大自然を活かしたコースレイアウトで、勾配を6%以内に留めるなど年配の方にも楽しくプレーできるような設計となっており、相応の顧客を有していた。また、株主の学校法人の付属病院内でテレビカードの販売や洗濯機のレンタルも行い、1992年6月期には年収入高約35億5000万円を計上していた。

 しかし、その後はゴルフ人口の伸び悩みやメンバーの高齢化もあって収入高は伸び悩む傾向が続き、2015年6月期の年収入高は約17億円に減少していた。ここへきて会員からの預託金返還請求が相次ぎ、見通しが立たなくなったことから、今回の措置となった。

 負債は約51億9800万円。

 なお、債権者説明会は2月3日午前10時より『ウィルあいち』(名古屋市東区上竪杉町1、電話052-962-2511)で開催される予定。

一覧


ページ先頭へ