大型倒産速報

倒産・動向記事

2016/01/25(月) 元・水産品輸入卸
築地実業株式会社(旧商号・日本マリン)
特別清算開始決定受ける

TDB企業コード:987789207
「東京」 築地実業(株)(旧商号・(株)日本マリン、資本金4532万円、目黒区碑文谷6-13-4、代表清算人高田英明氏ほか1名)は、1月14日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

 当社は、1998年(平成10年)8月に設立された水産品輸入卸業者。チリ産の養殖鮭やオーストラリア・メキシコ・チュニジア産の蓄養マグロを主体に、アラスカ産銀ダラやアルゼンチン産赤エビ、カナダ産真イワシなども扱い、国内荷受業者や商社筋へ販売。安定した商品供給力を強みに、海外業者とは30年以上の取引実績を有し、近年は80億円前後の年売上高で推移し、2015年1月期には鮭相場の上昇などにより年売上高約132億8500万円を計上していた。

 しかし近年は、各種水産品の漁獲量や相場の変動リスクを抱えるなかで、在庫処分損などの計上から収益面は安定せず、過年度からのデリバティブ損失も財務を圧迫していた。2013年1月期には鮭相場の暴落で大幅な欠損計上を余儀なくされ、以降は債務超過が続くなど経営が大きく悪化。こうしたなか、2015年には大口取引先の倒産などから大幅な損失を計上し、同年11月までに新会社へ事業を移管。当社は11月30日開催の株主総会決議により解散していた。

 負債は2015年1月期末時点で約47億1500万円だが、その後に変動している可能性が高い。

一覧


ページ先頭へ