景気・経済動向記事

地方創生に対する九州企業の意識調査

企業の64.3%が地方創生に関心あり
〜 地方創生に向けた政策、若年世代の支援を重視 〜

はじめに

日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法案」及び「地域再生法の一部を改正する法律案」では、人口減少・超高齢社会への取り組みとして地方創生を掲げている。また、1月20日には内閣府地方創生推進室が設置され、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とともに安倍政権における地方創生の動きが本格化してきた。

そこで帝国データバンク福岡支店は、地方創生に対する企業の意識について九州・沖縄(以下、九州)企業を対象に調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2014年12月調査とともに行った。

調査期間は2014年12月15日〜2015年1月5日。調査対象は九州企業1,936社で、有効回答企業は804社(回答率41.5%)。今回の調査は全国調査分から九州の企業を抽出・分析したもの。本調査における詳細データは、景気動向調査専用HP(https://www.tdb-di.com/)に掲載した。

調査結果

  1. 1 企業の64.3%が地方創生に「関心あり」。全国平均より11.0ポイント高い。業界別では、『金融』『サービス』『不動産』『建設』で高く、地場産業を生かした経済の活性化に期待。県別では、将来人口の急減や働き手の不足が予測されている「鹿児島」「宮崎」「長崎」で7割以上に
  2. 2 地方創生で重要な政策は「若い世代の経済的安定」がトップ。「子ども・子育て支援の充実」「妊娠・出産・子育てまでの切れ目のない支援」も上位にあがっており、企業は若年世代の支援を重視。さらに、仕事の創出と安心な暮らしを確保し、人口減少への歯止めを期待
  3. 3 企業は定量的・客観的なデータ分析に基づく地方版・総合戦略策定を概ね支持。データ活用の重要性を認識しつつも、地域特性や構想力の発揮を注視

詳細はPDFをご確認ください

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 福岡支店
TEL:092-738-7779 FAX:092-738-8687

エリア別 最新記事

景気・経済動向のことなら帝国データバンクにおまかせください

こんなご要望ありませんか?

  • ケース1ここ数年で成長している業界の企業を知りたい。

    異業種企業の商品やサービスには、思わぬヒントが隠されていることがあります。
    業種・地域・事業規模ごとに御社の希望に合う企業をピックアップし、リスト化。
    業務提携などの準備資料にも活用いただけます。

  • ケース2円安対策のための情報が欲しい。

    円安で輸出が増えれば、仕入れも増えるため、新規取引先が必要になるかもしれません。
    様々な条件の中から取り引きするのに相応しい企業リストを提供。
    御社の業務形態に合わせたご提案を行います。

お問合せ・資料請求はこちらから

景気・経済動向 関連サービス

景気・業界の動向