商品・サービス

DataDrive BasicCloud

目的新規の取引先や顧客を開拓したい

取引先の信用を見極めたい

取引先の最新情報を共有し、効率的で確かな取引を

DataDrive BasicCloud(データドライブ ベーシッククラウド)は、取引先情報、与信情報、営業情報等の一元管理を実現するインターネットサービスです。お客さま独自の取引先情報の登録はもちろん、帝国データバンクが保有する最新の企業情報をワンクリックで取り込め、複合的な検索やポートフォリオ分析、データ出力などができます。

ここがポイント!

  • ポイント1
    いつでも利用できる

    インターネット環境があれば、初期コストを抑え、すぐに利用可能です。

  • ポイント2
    幅広い情報を活用できる

    帝国データバンクの企業概要データ(COSMOS2)、企業財務データ(COSMOS1)、倒産予測値を取り込めます。

  • ポイント3
    多彩な検索ができる!

    取り込んだ企業情報や評点・倒産予測値の推移、お客さまが独自に登録した情報などを組み合わせた複合条件で、多彩な切り口から企業検索ができます。

  • ポイント4
    最新情報を取得!

    必要な時に、最新の企業情報(COSMOS2、TDB INDEX)を取得できます。

  • ポイント5
    業務効率化に貢献!

    取引先の窓口情報や商談メモ、契約書類などを登録し、取り込んだTDB企業情報とともに複数部署で効率的に共有できます。

活用事例

●新規取引が多いため、TDB企業情報を必要なときに、直ちに取得したい。
●TDB企業情報の取得は管理部に限定し、その他部署は取得済み情報だけ閲覧可能にしたい。
●取引先の窓口部署とTDB企業コードを紐づけて、一元管理したい。
→ DataDrive BasicCloud導入により、必要なときにインターネット経由でTDB企業情報(COSMOS2、TDB INDEX)を入手可能に。また、利用者ごとの権限設定で、必要な部署、人が情報取得、共有できるようになった。

●部署ごとに散在している書類を取引先別にファイリングし、管理したい。
●情報の共有化を推進したい。
→ DataDrive BasicCloud導入により、オンラインで書類を管理できるようになり、社内での情報共有がシームレスになった。

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 営業推進部 営業開発課
TEL:03-5775-3132 FAX:03-5775-3138

こちらからもお電話・メールでお問い合わせいただけます

サービス内容

DataDrive BasicCloudの様々な機能を紹介します。

帝国データバンク企業情報をオンデマンドで検索・閲覧・取込

・最新のCOSMOS2(企業概要データ)をワンクリックで取り込み(有料)

・企業の基本情報(TDB企業コード、商号、住所)をTDB INDEXデータとして取り込み(無料)

・ディスクやCOSMOSNETで別途購入したCOSMOS2、COSMOS1(企業財務データ)、倒産予測値データの取り込み(インポート)

・与信基準額の算出(倒産予測値導入が必須)

・評点や倒産予測値の履歴管理、推移グラフ表示、変動値指定による企業の検索



帝国データバンク企業情報とお客さま独自情報の一元管理

・TDB企業情報とお客さま登録情報の一元管理、横断検索、CSV出力

・取引先情報の登録、共有

・お客さま独自の格付・与信限度額等の登録、表示

・CCR(信用調査報告書 PDFファイル)だけでなく、お客さまの手元にある各種書類(電子ファイル)を企業ごとに紐付けて保存、管理

・TDB企業情報(評点や売上高など)とお客さま登録情報(取引額や格付など)を軸にしたポートフォリオ分析

・取引申請情報の登録・履歴管理や申請用リスト(またはデータ)の出力

お問い合わせ先

株式会社帝国データバンク 営業推進部 営業開発課
TEL:03-5775-3132 FAX:03-5775-3138

こちらからもお電話・メールでお問い合わせいただけます

商品・サービス